Greco ( グレコ )

Pocket

Greco ( グレコ )

Greco ( グレコ )とは、1960年に日本で設立された、老舗ギターメーカー。ギブソン社やフェンダー社のコピーモデルではその制度の高さに定評があり、後のフェンダージャパンの設立にも大きく貢献。

近年では70年代から定評のあったMRシリーズやBGシリーズを復刻するなど、オリジナルモデルが好評を博しています。


BG シリーズ

BG
BG

1979年にデビューしたGreco ( グレコ ) / BG シリーズ。オリジナリティのあるシェイプながらも、ストラトキャスター風でもあり、リバースヘッドはギブソンのファイヤーバード風でもあり、とにかくカッコイイ。

弦長はミディアムスケールで、小柄な日本人でもストレスなく弾けるギターです。

BGシリーズラインナップ:
BG-1400
トータル112本のみの生産となるBG-1400はマホガニーのボディー/ネックによるセットネック仕様。

PUはストラトキャスター同様、3シングルコイル・ピックアップでありますが、センターPUをやや後方にずらした独自のデザインで、コントロールは、マスター・ヴォリューム、マスター・トーンに加えてコイル-タップ・バランサー・コントロールを装備することで、リア・ピックアップにセンター・ピックアップのサウンドをなめらかにミックスさせることが可能。(*センター・ピックアップはリア・ピックアップと連動している為、単体で鳴らすことはできません)。

コントロールはMaster Volume、Coil-tap Balancer、Master Tone、3Wayトグルスイッチ

BG-1000
コントロールはBG-1400を踏襲したBG-1000のボディはアッシュ。ネックのジョイントはストラトキャスター同様のボルトオンジョイント。

BG-800
コントロールはBG-1400同様で、ボディはバスウッド、ボルトオンジョイント仕様。BGシリーズのボディを約5%縮小させたサイズ。

BG-CUSTOM
新たにラインナップに加わったBG-CUSTOMは、BG-800同様、従来のBGを5%縮小させた小柄なボディ・シェイプに、コントロールはストラトキャスターに近い仕様。コイル-タップ・バランサー・コントロールは未搭載。ヘッドはノンリバース。

コントロールは1Volume、2Tone( Front, Middle+Rear)、5Wayセレクター

どの仕様も魅力的ですが、ギブソンチックなサウンドが欲しいなら、BG-1400、BG-1000、ストラトキャスターが好きならBG-CUSTOM、小柄な方ならBG-800がオススメかな??。

価格比較(レビュー / 口コミ有り);
■ BG 【サウンドハウス】
◆ BG 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 Greco BG – YouTube (動画)


MR シリーズ

MRn

1975年デビューのGreco ( グレコ ) / MR シリーズ。メイプルトップ/マホガニーバックのレスポールライクな仕様に、SGのようなプレイアビリティで人気を博したギターが、2012年にMRnシリーズとなってリイシュー。

コントロールは使いやすい1ボリューム2トーン。 ミディアムスケール

価格比較(レビュー / 口コミ有り);
■ MRn 【サウンドハウス】
◆ MRn【イシバシ楽器】

Youtube 動画 Greco MRn – YouTube (動画)


WS シリーズ

WS-STD

こちらはストラトシェイプで人気の Greco ( グレコ ) / WS シリーズ。ネックは薄めのナロー・ネックに、ロング・スケール、22フレットを採用。

PUは、3シングルとSSHをラインナップ。

価格比較(レビュー / 口コミ有り);
■ WS-STD 【サウンドハウス】
◆ WS-STD 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 GRECO WS-STD – YouTube (動画)


 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です