デュオソニックにストラトキャスター用ピックアップカバーを取り付けてみました。

デュオソニックのピックアップカバーをストラトキャスター用に替えてみた

2022年11月7日改造,デュオソニック,Fender,ピックアップカバー

デュオソニックのピックアップはポールピースが隠れていますが、ストラトキャスター用のピックアップカバーに替えてみたらどんな音になるのでしょうか、試してみました。

デュオソニックのピックアップカバー交換


デュオソニック/ムスタングとストラトキャスターの違い

デュオソニックやムスタングとストラトキャスターとの違いはピックアップです。

 

ストラトキャスターのピックアップはマグネット(ポールピース)がむき出しですが、デュオソニックやムスタングはポールピースが隠れています(EMGなどのアクティブピックアップが付いているわけではありません)。

ストラトキャスターのピックアップ

デュオソニックのピックアップ

特にストラトキャスターとデュオソニック/ムスタングは同じ規格のピックアップなので載せ替えることが可能なのですが、ポールピースが見えるピックアップカバーと見えないピックアップカバーでは余計な遮蔽物があるわけですから絶対音変わりますよね?

 

これはデュオソニック(FENDER Player Duo-Sonic)を購入してからずっと疑問に思っていたことなので、前回、ピックガードのシールド処理でバラしたついでにピックアップカバーなしで組んで音出ししてみました。

 

すると、、、、めっちゃヌケが良くなって泥臭いギャリーンとしたストラトキャスターと比較しても遜色のないサウンドになりました

これはありです👍

デュオソニックのピックアップカバーを外して音を出してみた

へー、こんなに違うんだなぁと、カバーを取り付けて弾いてみると、めっちゃ平坦、、、というか変な音です、なにこれ、、、、😱

 

ピックアップカバーは安いものだと数百円で買えるのでとりあえずストラトキャスター用を注文してみました。

 

気に入らなければ元に戻せばよいだけですからね。

 

注文したのは白と黒のカバー。

ストラトキャスター用ピックアップカバーを購入。

黒も合いそうだけど、とりあえず白を付けてみます。

ストラトキャスター用ピックアップカバーを購入してデュオソニックにつけてみる。

デュオソニック(FENDER Player Duo-Sonicは)は弦を緩めれば張ったままでもピックガードが簡単に外せるので良いですね。

これなら気軽に着せ替え出来ます。

※ピックアップの高さは交換前にメモしておきましょう。

デュオソニック(FENDER Player Duo-Sonicは)は弦を緩めれば張ったままでもピックガードが簡単に外せるので良いですね

デュオソニック用ピックアップにストラトキャスター用ピックアップカバーを被せてみた。

デュオソニックにストラトキャスター用ピックアップカバーを取り付けてみました。

 

ストラトキャスター用ピックアップカバーレビュー

早速、ストラトキャスター用ピックアップカバーを取り付けてみると、やはり泥臭いギャリーンとしたストラトキャスターにも劣らない立体的なサウンドが出るようになりました。

交換前はどことなく平坦で音に深みがありませんでした>レオ・フェンダーさんはなぜポールピースを隠してしまったのだろう>噂では(同じくポールピースが隠れているムスタングでの話ですが)位相を変えるスイッチを付けているためのノイズ対策と聞いたことがあります。

デュオソニックのパチパチノイズ対策~ピックガードのシールド

デュオソニック/ムスタングのピックアップはカバーで隠すのが前提になっていますのでストラトキャスター用のカバーを付けてもこのようにポールピースは凹んだ状態ですが、それでも音は全く違います。

デュオソニックにストラトキャスター用ピックアップカバーを付けてみました。

※FENDER Player Duo-SonicのフロントPUはポールピースの間隔がやや狭くなっているようでサイズが合いませんでしたが出音には影響ありませんでした。

 

もちろんこのまま使っていても良いのですが、ここまでサウンドに変化があるならポールピースがピックアップカバーと面一もしくは飛び出た(スタッガードの)適当なストラトキャスター用のピックアップを見繕って取り付ければもっと良くなるはず!?

SEYMOUR DUNCANストラトキャスター用ピックアップ

 

まとめ:デュオソニックのピックアップのポールピースは露出させるべき

ギターの改造の定番に、ピックアップ交換がありますが、デュオソニックやムスタングなどポールピースが露出していないピックアップのギターの場合、カバーをストラトキャスター用のものに替えるだけでクリアでパワフルなサウンドが手に入ります(レスポールなどもPUカバーの有無で音が変わるのは有名ですが効果はそれ以上です)。

 

ピックアップ交換ですとお金もかかりますし、ハンダ作業なども行いますから手間も、ショップに出す場合は工賃もかかりますが、ピックアップカバーを交換するだけなら超簡単👍

 

見た目に違和感無ければですが、お金をかけずにデュオソニック/ムスタングのサウンドをパワーアップさせたい方には最も簡単でおすすめの改造です。

Fender Player Duo-Sonicとは

デュオソニックのピックアップカバーをストラトキャスター用に替えてみた

ピックアップカバーを交換したデュオソニックとストラトキャスター。

カバーを交換するだけなので気に入らなければ簡単に元に戻せます。

ちなみにRory Gallagher(ロリー・ギャラガー)氏のDuo-Sonicのピックアップを見てみると同じようにポールピースが剥き出しになっています。

Rory Gallagher(ロリー・ギャラガー)氏のDuo-Sonicもピックアップカバーは外されています。

調べてみると、このギターはDuo-Sonicではなく、1ピックアップ仕様のMusicmasterとのことですが、愛用するテレキャスターやストラトキャスターのセットアップに近づけるためにピックアップを追加したとのこと(ということはストラトキャスター用のPUに載せ替えてる可能性もありますね)。

Musicmaster – The Official Site of Rory Gallagher

ストラトキャスター用ピックアップカバーはこちらから

ストラトキャスター用ピックアップカバー

 

詳細を見る

サウンドハウスロゴ サウンドハウスで見る

posted with カエレバ

※現行のデュオソニック(FENDER Player Duo-Sonic)の場合、ボリューム/トーンポットが標準で(2シングル仕様でも)何故か500kΩが載っていていますので250kΩに替えたほうが良い気がします(ハムバッキングが載っているSH仕様の場合はハムの音優先なら500kΩ、シングルコイルの音優先なら250kΩへの交換をおすすめします)。

詳しくは:

追記:結局ストラトキャスター用のPU交換しました

おすすめ記事