エレキギターコンデンサー, ポット, レスポール, レビュー, 改造

良いボリュームポット・トーンポットの条件は、耐久性と、ギターのボリュームを絞ったときも使える音色をキープ出来ること。CTSのポットはその2つを両立する素晴らしいポットです。良質なコンデンサーとポットをペアで交換することでギターが艷やかで魅力的な音に変化します。

レスポールに最適なポットとコンデンサー、ノブ、ジャックプレートの紹介。

ポット、コンデンサーの交換 - レスポールをとことんいじる

エレキギターブリッジ, レスポール, レビュー, 改造

不純物のない鉄ブロックから削り出されたという、CALLAHAMのABR-1ブリッジをレスポール ( Gibson Les Paul Reissue 1988年製 )に載せてみました。

CALLAHAM ( カラハム )のABR-1をレスポールに載せてみた

エレキギターテールピース, ブリッジ, レスポール, レビュー, 改造

1988年製Gibson Les Paul Reissueのスタッドを首下約25.4mmの長いヴィンテージ仕様のロングスティールスタッドに交換してみました。

ヒスコレなど従来の仕様である首下22.2mmの短いスタッドと比較して音は変わるのでしょうかレビューします。

ヴィンテージタイプのスティールスタッドに交換

エレキギターペグ, レスポール, レビュー, 改造

ギブソンの多くのレギュラーモデルで採用されているペグはヘッドの表面からナットで止めるロトマチックペグが採用されています。コンバージョンブッシングを使用してヴィンテージのレスポールの定番、クルーソンに交換してみましょう。

ペグ交換の手順を解説。

オリジナル同様、裏のカバーにはKLUSON DELUXEの文字入りのクルーソンペグ

エレキギターレスポール, 改造, 調整

1988年製のGibson Les Paul Reissueをさらにリアルなヴィンテージレスポールにすべく、ペグ交換、ピックアップカバーの追加、エスカッション、ポット、コンデンサー、テールピース交換などの改造と調整を行ってみました。

レスポールのグレードアップにおすすめの改造と調整の手順を解説します。

レスポールをとことんいじる (改造/ 調整)

ギターパーツポット, レスポール, レビュー, 改造

交換していたGibson Les Paul 59 ReissueのボリュームポットをCTS製の純正に戻しました。やはりCTSのポットは音が良いのだと実感しました👍

Gibson Les Paul 59Reissue