ギターパーツレビュー, 工具, 調整

ギターの改造/調整(メンテナンス)作業におすすめの工具ESPマルチスパナの紹介。

ESPマルチスパナは簡易工具ではありますがなかなかの優れもの。
SGの調整にも大活躍のESPマルチスパナ1
ジャックなどに使用される六角ナットはもちろん、レスポールなどの弦高調整用のサムナット、トグルスイッチ(PUセレクター)のナットまで締められるESPマルチスパナは便利すぎます。

ギターパーツSG, レビュー, 調整

FATFINGERとはギターのヘッドに取り付ける音質改善用の重り。

ペグを重量のある大きなものに替えると音質が変わりますがそれと同じ効果が得られます。

私のSGは様々な改造をしてようやく理想のギターになったのですが、やはりFATFINGERを付けるとSGの音が更に良くなりますね。

もちろんFATFINGERはSGだけでなくどのギターにつけても効果があるのでおすすめです。

Fender FAT FINGER

エレキギターシンクロナイズドトレモロ, ストラトキャスター, 調整

シンクロナイズド・トレモロで一般的なのはフローティング設定。フローティングとは、チューニングが合った状態でトレモロユニットの後方が浮いている状態のことを言います。

シンクロナイズド・トレモロのフローティング設定

フローティングさせると弦の張力でトレモロユニットのバランスを取るのでアームを使ってもチューニングが安定しやすいのが特徴ですが、チョーキング時に他の弦の音も下がってしまいますし、弦が切れるとチューニングが一気に狂ってしまうというデメリットもあります。

手持ちのストラトキャスターのほとんどはフローティング設定なので、ノンフローティングのものがあっても良いでしょう。ということでやってみました。

エレキギターコンデンサー, ポット, レスポール, 調整

ジョー・ボナマッサの動画を見てレスポールの良さを再認識しました。

トーンを絞ったウーマントーンから、さらにボリュームを絞って歪みを減らしたジャジーなトーン。そこからピックアップをリアにチェンジしてトーンを絞ってジェフ・ベック・グループの1stのLet Me Love Youの音をまで、レスポールは素晴らしすぎる😍。

エレキギターストラトキャスター, ブリッジ, レビュー, 調整

ESP TREMOLO TONE SPRINGSレビュー。今回はErnie Ball Musicman のSilhouette Specialに取り付けてみたところ、硬かったギターの音が改善されました📈。

Ernie/Ball Musicman Silhouette SpecialにESP TREMOLO TONE SPRINGSを付けてみた

ESP TREMOLO TONE SPRINGSはストラトキャスターの音を柔らかく、艷やかにしたい方におすすめのスプリングです。

アコースティックギター, エレキギター特集, 調整

ネックの反りの修正方法、ブリッジやトレモロの調整(弦高)、オクターブ調整の手順を解説。しっかりと調整されたギターはものすごく弾きやすくなりますのでギターの上達にも繋がります。ギターの調整/メンテナンスは自分でやれは料金0円!無料で出来ます。

簡単なエレキギターの調整

ギターの調整は一度やったら終わりではなく季節の変わり目や、弦のゲージ(太さ)を変えたときなどにもチェックしましょう。適切に調整されたギターは驚くほど弾きやすいですよ。

エレキギターテールピース, ブリッジ, レスポール, レビュー, 調整

レスポールなどのギブソン系のギターのテールピース、皆さんはどうされてます?

テールピースの調整は下げればハリのある音、上げれば柔らかな音になるので、出音の微調整にはおすすめの方法です。

テールピースの上下で出音の微調整 レスポールの弦の張り方

ギターパーツブリッジ, レスポール, 調整

レスポールのチューンOマチックブリッジ/ABR-1のサドル交換を行いました。

サドルは弦が直接載る部分なので長年使用していると摩耗してきますので、溝の調整や、減りすぎた場合は交換が必要になります。

サドル交換の手順を解説します。

レスポールのサドル交換

エレキギターストラトキャスター, 調整

トラスロッドがネックエンドに隠れているヴィンテージタイプのストラトキャスターのネックの調整を行いました。

ネックを外すので調整が面倒くさいですが、ばっちり弦高調整出来るとギターを弾くのも楽しくなりますね。

今日はこの枯れた音が特徴のメイプルワンピースネックの57年モデルのストラトキャスターでエリック・クラプトンごっこします。

フェンダーギターのトラスロッド

エレキギター, ギターパーツコンデンサー, ポット, レスポール, 改造, 調整

レスポールで色気のある音を出す方法は、ボリュームポット、トーンポットの交換とコンデンサ交換です。

交換後、ギターのボリュームやトーンを少し絞るだけであら不思議。艷やかで色気のあるトーンが得られます。クリーンからクランチ系のギタリストにオススメの改造です

レスポールで色気のある音を出す方法