「レスポール」タグアーカイブ

ヴィンテージタイプのスティールスタッドに交換

レスポール ヴィンテージタイプのロングスティールスタッドに交換

1988年製Gibson Les Paul Reissueのスタッドを首下約25.4mmの長いヴィンテージ仕様のロングスティールスタッドに交換してみました。

ヒスコレなど従来の仕様である首下22.2mmのスタッドと比較して音は変わるのでしょうかレビューします。

ヴィンテージタイプのスティールスタッドに交換 続きを読む ヴィンテージタイプのスティールスタッドに交換

ブリッジ、テールピース、スタッド交換 – レスポールをとことんいじる

ブリッジ、テールピース、スタッド交換

ABR-1などのブリッジ、テールピース、スタッドなど弦の載る/触れるブリッジ周りの調整は非常に大切です。

レスポールの改造の定番テールピース交換、アンカースタッドの交換を行いました。

シャリ~ンとした繊細で綺麗な音を奏でてくれるアルミテールピースは、古いロックや、ブルース、ジャズに向いた音色のおすすめのテールピースです。

ブリッジテールピースの交換と調整

続きを読む ブリッジ、テールピース、スタッド交換 – レスポールをとことんいじる

ペグ、トラスロッドカバーの交換 – レスポールをとことんいじる

ペグ、トラスロッドカバーの交換

ギブソンの多くのレギュラーモデルで採用されるペグはヘッドの表面からナットで止めるロトマチックペグが採用されています( 1988年製のGibson Les Paul Reissueも同様です )。

ヴィンテージのレスポールの定番はやはりクルーソンなので交換しましょう。

ロトマチックペグからクルーソンペグへの交換はコンバージョンブッシングを使用すれば簡単に交換可能なので、ペグ交換の手順を解説したいと思います。

ペグ交換は見た目はもちろん音も変わりますよ。

オリジナル同様、裏のカバーにはKLUSON DELUXEの文字入りのクルーソンペグ

続きを読む ペグ、トラスロッドカバーの交換 – レスポールをとことんいじる

レスポールの改造と調整 – レスポールをとことんいじる

レスポールをとことんいじる

1988年製のGibson Les Paul Reissueをさらにリアルなヴィンテージレスポールにすべく、ペグ交換、ピックアップカバーの追加、エスカッション、ポット、コンデンサー、テールピース交換などの改造と調整を行ってみました。

レスポールのグレードアップにおすすめの改造と調整の手順を解説します。

レスポールをとことんいじる (改造/ 調整)

続きを読む レスポールの改造と調整 – レスポールをとことんいじる