「ポット」タグアーカイブ

ストラトキャスター を改造してみよう Crews Bottoms UP ( LPB )編

Crews Bottom’s UP レイクプラシッドブルー

Myギターの紹介。クルーズマニアックサウンドのボトムズアップレイクプラシッドブルー

Crews Bottom's UP (LPB)

続きを読む ストラトキャスター を改造してみよう Crews Bottoms UP ( LPB )編

おすすめのコンデンサ ( キャパシタ )

オススメのコンデンサ ( キャパシタ )

ほとんどのギターはトーンコントロールを全開の10にしても、コンデンサの影響を受けています。そのためここを良いモノに交換すると、音に艶が出たり、音が太くなったりします。

さらに質の良いコンデンサーは、トーン10ではやや耳障りな音に感じるときでもトーンを少し絞るだけでとても魅力的な音に変化しますのでオススメです。

✔こちらで紹介しているおすすめのギターパーツは複数のショッピングサイトによる価格/値段の比較とレビューの参照が出来るようになっています。

Cornell Dublier Black Cat(0.022uF 600V)

続きを読む おすすめのコンデンサ ( キャパシタ )

おすすめのCTS製コントロールポット セレクター

オススメのCTS製ポット

ギターのポットは単にボリュームやトーンを絞るだけではありません。良いポットの条件は、耐久性と、ギターのボリュームを絞ったときも使える音色をキープ出来ること。

CTS製のポットは音質、操作性、耐久性に優れたおすすめのギター用コントロールポットです。

配線作業が苦手な方にオススメの配線済みアッセンブリーキット/配線キットも紹介。

✔こちらで紹介しているおすすめのギターパーツは複数のショッピングサイトによる価格/値段の比較とレビューの参照が出来るようになっています。

Cornell Dublier Black Cat(0.022uF 600V)

続きを読む おすすめのCTS製コントロールポット セレクター

SG 61reissueのボリュームポット交換

SG 61reissueのボリュームポット交換

SGのボリューム/トーンポットをCTS製の500kΩに交換してみました。

CTS製ポットの魅力はボリュームやトーンを絞った時でも ( 音ヤセとは違う )低域が少し抜けた、非常に魅力的な音色が出せるようになるのでおすすめです。

例えばボリューム10の音より、ボリュームを少し絞った時の音の方が良い音だったりするんですよ。

G 61reissueのボリュームポット交換

続きを読む SG 61reissueのボリュームポット交換

ストラトキャスターを1Vol、1Toneにして組んでみた

ストラトキャスター 1Vol、1Toneで組んでみた

ストラトのボリューム位置はどう考えても邪魔なのです。

長い間放っておいたストラトキャスターを1ボリューム、1トーンにして、さらにセレクターも移動して甦らせました。

とても弾きやすく、デザイン的にもさほど格好悪くならなかったので他のストラトキャスター用にもピックガードを作成し早速載せ替えてみました。

ストラトキャスター 1Vol、1Toneで組んでみた

続きを読む ストラトキャスターを1Vol、1Toneにして組んでみた