「ペグ」タグアーカイブ

ストラトキャスター を改造してみよう Crews Bottoms UP ( LPB )編

Crews Bottom’s UP レイクプラシッドブルー

Myギターの紹介。クルーズマニアックサウンドのボトムズアップレイクプラシッドブルー

Crews Bottom's UP (LPB)

続きを読む ストラトキャスター を改造してみよう Crews Bottoms UP ( LPB )編

おすすめのロック式ペグ マシーンヘッド

ロック式ペグ マシーンヘッドオススメ

ストラトなどのアームを多用する方必見!チューニングの狂いに悩んでいる人にはペグのポストで弦をロック出来るロック式ペグが有効です。オススメのペグ/マシーンヘッドの紹介。

✔こちらで紹介しているおすすめのロックペグは複数のショッピングサイトによる価格/値段の比較とレビューの参照が出来るようになっています。

ロック式ペグ マシーンヘッドオススメ

続きを読む おすすめのロック式ペグ マシーンヘッド

SG 61reissue のペグを2コブのクルーソンに交換

SG 61reissue ペグ交換の手順を解説

GibsonのSG 61 Reissueは1961年当時のSGを再現したと言う割には結構いい加減。当時のペグ/マシーンヘッドはクルーソンですがこのSGにはロトマチックが付いています。

ロトマチックからクルーソンへの交換は通常はできないのですが、コンバージョン・ブッシングを使えば交換可能になります。ペグ交換の手順を解説します。

SG 61reissue ペグを2コブのクルーソンに交換

続きを読む SG 61reissue のペグを2コブのクルーソンに交換

ストラトキャスターを1Vol、1Toneにして組んでみた

ストラトキャスター 1Vol、1Toneで組んでみた

ストラトのボリューム位置はどう考えても邪魔なのです。

長い間放っておいたストラトキャスターを1ボリューム、1トーンにして、さらにセレクターも移動して甦らせました。

とても弾きやすく、デザイン的にもさほど格好悪くならなかったので他のストラトキャスター用にもピックガードを作成し早速載せ替えてみました。

ストラトキャスター 1Vol、1Toneで組んでみた

続きを読む ストラトキャスターを1Vol、1Toneにして組んでみた

ストラトキャスターのペグ、ストリングガイド交換

ストラトキャスター ペグ、ストリングガイド交換

ストラトキャスターのペグを、コンバージョン・ブッシングを使い、重いロトマチックタイプのペグから、軽くヴィンテージ・ライクなクルーソンタイプのペグに交換してみました 。

ロトマチックとクルーソンは取り付け穴の径が異なるため本来は取り付け出来ませんが、コンバージョン・ブッシングを使用すれば可能になります。

ペグ交換の手順を解説します。

ストラトキャスターのペグ、ストリングガイド交換

続きを読む ストラトキャスターのペグ、ストリングガイド交換

ペグ、トラスロッドカバーの交換 – レスポールをとことんいじる

ペグ、トラスロッドカバーの交換

ギブソンの多くのレギュラーモデルで採用されるペグはヘッドの表面からナットで止めるロトマチックペグが採用されています( 1988年製のGibson Les Paul Reissueも同様です )。

ヴィンテージのレスポールの定番はやはりクルーソンなので交換しましょう。

ロトマチックペグからクルーソンペグへの交換はコンバージョンブッシングを使用すれば簡単に交換可能なので、ペグ交換の手順を解説したいと思います。

ペグ交換は見た目はもちろん音も変わりますよ。

オリジナル同様、裏のカバーにはKLUSON DELUXEの文字入りのクルーソンペグ

続きを読む ペグ、トラスロッドカバーの交換 – レスポールをとことんいじる