「ブリッジ」タグアーカイブ

ヴィンテージタイプのスティールスタッドに交換

レスポール ヴィンテージタイプのロングスティールスタッドに交換

1988年製Gibson Les Paul Reissueのスタッドを首下約25.4mmの長いヴィンテージ仕様のロングスティールスタッドに交換してみました。

ヒスコレなど従来の仕様である首下22.2mmのスタッドと比較して音は変わるのでしょうかレビューします。

ヴィンテージタイプのスティールスタッドに交換 続きを読む ヴィンテージタイプのスティールスタッドに交換

ブリッジ、テールピース、スタッド交換 – レスポールをとことんいじる

ブリッジ、テールピース、スタッド交換

ABR-1などのブリッジ、テールピース、スタッドなど弦の載る/触れるブリッジ周りの調整は非常に大切です。

レスポールの改造の定番テールピース交換、アンカースタッドの交換を行いました。

シャリ~ンとした繊細で綺麗な音を奏でてくれるアルミテールピースは、古いロックや、ブルース、ジャズに向いた音色のおすすめのテールピースです。

ブリッジテールピースの交換と調整

続きを読む ブリッジ、テールピース、スタッド交換 – レスポールをとことんいじる

2種類の弦の張り方を楽しめるテレキャスター用ブリッジ

2種類の弦の張り方を楽しめるトップローディング対応ブリッジ

もはやアメリカンスタンダードとは言えないくらい色々やってるテレキャスターですが、今度はトップローディング対応のブリッジWilkinson WTBに交換してみましたのでレビューします。

トップローディングとは、従来の仕様であるボディー裏からではなく、ブリッジ後方からも弦を張る事のできるブリッジで、ジミー・ペイジやロリー・ギャラガーのテレキャスターがこのトップローディング仕様であったと言われています。

裏通しとトップローディングでは音に違いはあるのでしょうか。

2種類の弦の張り方を楽しめるテレキャスター用ブリッジ

続きを読む 2種類の弦の張り方を楽しめるテレキャスター用ブリッジ

ステインを使用したギターの塗装の手順を解説 予想以上に簡単に出来た

テレキャスターの改造 調整 塗装

市販の缶スプレーを使用したギターの塗装に続き、今回はステイン ( 着色剤 )を使用したシースルー塗装に挑戦してみました。

ステインは刷毛で塗り込むので場所を選ばずに作業ができ、缶スプレーを使った色付けよりも簡単でおすすめです。

ギターはフェンダーライセンスのMighty Mite製テレキャスターボディを使用。

テレキャスターの生地着色塗装と改造と調整

続きを読む ステインを使用したギターの塗装の手順を解説 予想以上に簡単に出来た