ギターパーツテールピース, レスポール, レビュー, 改造

アルミテールピース比較

ヴィンテージのレスポールに使われているテールピースはアルミ製で、現行のレスポールとはサウンドはまるで違います。
60s~70sのロックが好きな私は当然アルミテールピースに交換しているのですが、
重さは同じでも音は全く違う!アルミテールピース比較
どちらも同じアルミテールピースなのですが音が全く違うのに驚きました。アルミテールピース比較。

エレキギターテールピース, ブリッジ, レスポール, レビュー, 改造

ブリッジ、テールピース、スタッド交換

ABR-1などのブリッジ、テールピース、スタッドなど弦の載る/触れるブリッジ周りの調整は非常に大切です。

レスポールの改造の定番テールピース交換、アンカースタッドの交換を行いました。

シャリ~ンとした繊細で綺麗な音を奏でてくれるアルミテールピースは、古いロックや、ブルース、ジャズに向いた音色のおすすめのテールピースです。

ブリッジテールピースの交換と調整

エレキギターテールピース, ブリッジ, レスポール, レビュー, 調整

テールピースの調整

レスポールなどのギブソン系のギターのテールピース、皆さんはどうされてます?

テールピースの調整は下げればハリのある音、上げれば柔らかな音になるので、出音の微調整にはおすすめの方法です。

テールピースの上下で出音の微調整 レスポールの弦の張り方

エレキギターSG, テールピース, レビュー, 改造

SGにスティールスタッドとアルミテールピース取付け

テールピースをアルミ製に交換するのはレスポールの改造の定番ですが、SGにもオススメ。

スタッドとはテールピースを引っかけるパーツで、ヴィンテージに使用されているスタッドは鉄 ( スティール )で作られていて、ブラス製のスタッドと比較すると音の輪郭がまるで違いますとのこと、交換してみました。

SGにスティールスタッドとアルミテールピース取付け

エレキギターテールピース, ブリッジ, レスポール, レビュー, 改造

レスポール ヴィンテージタイプのロングスティールスタッドに交換

1988年製Gibson Les Paul Reissueのスタッドを首下約25.4mmの長いヴィンテージ仕様のロングスティールスタッドに交換してみました。

ヒスコレなど従来の仕様である首下22.2mmのスタッドと比較して音は変わるのでしょうかレビューします。

ヴィンテージタイプのスティールスタッドに交換