「ストラトキャスター」タグアーカイブ

ストラトキャスターのペグ、ストリングガイド交換

ストラトキャスター ペグ、ストリングガイド交換

ストラトキャスターのペグを、コンバージョン・ブッシングを使い、重いロトマチックタイプのペグから、軽くヴィンテージ・ライクなクルーソンタイプのペグに交換してみました 。

ロトマチックとクルーソンは取り付け穴の径が異なるため本来は取り付け出来ませんが、コンバージョン・ブッシングを使用すれば可能になります。

ペグ交換の手順を解説します。

ストラトキャスターのペグ、ストリングガイド交換

続きを読む ストラトキャスターのペグ、ストリングガイド交換

フェンダーのロゴ ( デカール )貼り付け

ストラトキャスター フェンダーのロゴ ( デカール )貼り付け

ストラトキャスターST62に取り付けたMIGHTY MITEのネックのヘッドにフェンダーのロゴ/デカールを貼り付けてみました。

やはりヘッドにFENDERのロゴがあるとカッコいいですね😊

デカールの貼り方の手順を解説します。

フェンダーのロゴ ( デカール )貼り付け

続きを読む フェンダーのロゴ ( デカール )貼り付け

ST62のボディーにMIGHTY MITE製のネックを取り付けてみた

ストラトキャスター ネック交換

ストラトキャスターST62のボディーに、フェンダーのリプレイスメントパーツで有名なMIGHTY MITE製のネック(22フレット)を取り付けてみました。

MIGHTY MITEは本来USAパーツですが、フェンダージャパンのボディーに問題なく取り付けできるのでしょうか。

ネックの交換手順を解説します。

ストラトキャスター ネック交換

続きを読む ST62のボディーにMIGHTY MITE製のネックを取り付けてみた

ストラトキャスターST62のピックガード交換

ストラトキャスター ピックガード交換

60年代のストラトキャスターに採用されるピックガードは白黒白の3ピースですが、経年変化で下の黒が透けてミントグリーンに変化する個体が多く、ヴィンテージ風の見た目にこだわる人はピックガードをミントグリーンに換えるのはお約束。

ストラトキャスターのピックガードの交換方法の手順を解説します。

ストラトキャスター ピックガード交換

続きを読む ストラトキャスターST62のピックガード交換

ストラトキャスターST62にトレモロスプリング RVTS-1取り付けレビュー

ストラトキャスター トレモロスプリング交換

ヴィンテージのストラトキャスターに使われてるスプリングを研究し商品化したという、RAW VINTAGEのトレモロスプリング RVTS-1を取り付けてみましたのでレビューします。

固く平坦だったサウンドがふくよかになるのはすべてのストラトで実感できました。特にアンプ通した音の違いは顕著でびっくりしますよ。

ストラトキャスター サドル交換

続きを読む ストラトキャスターST62にトレモロスプリング RVTS-1取り付けレビュー

ストラトキャスターにRaw Vintage Pure Steel Saddleを載せてみたのでレビュー

Raw Vintage Pure Steel Saddle

ストラトキャスターのブリッジサドルを、人気のRaw Vintageの Pure Steel Saddleに交換してみましたので交換手順の解説とレビューをしたいと思います。

Pure Steel Saddleとはヴィンテージに近い素材を使用し、お手持ちのストラトにきらびやかな音色を加えてみたいという方おすすめのストラトキャスター用サドルです。

ストラトキャスター サドル交換

続きを読む ストラトキャスターにRaw Vintage Pure Steel Saddleを載せてみたのでレビュー

ストラトキャスターのフレット摺り合わせ

ストラトキャスター フレット摺り合わせ

前回、17フレットの音詰まりで簡単な摺り合わせを行ったのですが、6フレットをチョーキングしたときも音詰まりがあることが分かりました。

今度は本格的なフレットのすり合わせ作業に挑戦です。

ストラトキャスター フレット摺り合わせ

続きを読む ストラトキャスターのフレット摺り合わせ

フレット修正 – ストラトをとことんいじる

ストラトキャスター フレット修正

ストラトキャスターST62の音づまり解消のためのフレットの修正/形成を少しだけ行いましたので手順を解説します。

弾いていて1箇所だけ音づまりがあったので弦を張ったまま(テンションをかけたまま)特定部分をヤスリで削るという作業です。

工具さえあればさほど難しい作業ではなりません。

FENDER JAPAN ST62フレットの状態  続きを読む フレット修正 – ストラトをとことんいじる

ヴィンテージ系ピックアップとターボブレンダー – ストラトをとことんいじる

ピックアップ交換とブレンダー回路の搭載

ストラトキャスターの心臓部、ピックアップ、ボリュームポット、トーンポットなどサーキット関連の改造と調整の手順を解説します。

これらは本来であれば別々で交換するものですが、今回はCTSのボリューム、トーンポット、オイルコンデンサー、CRL5wayセレクターで組まれたキット”ターボブレンダー”を使用します。

ピックアップはヴィンテージサウンドにこだわったFENDER 57/62 Stratocaster Pickupsを使用。

ストラトキャスターのピックアップ交換、ブレンダー回路の搭載

続きを読む ヴィンテージ系ピックアップとターボブレンダー – ストラトをとことんいじる

フェンダー ST62 に弦間11.2mmのトレモロ取り付け

ストラトキャスター ST62 に弦間11.2mmのトレモロ取り付け

フェンダー・ジャパンのストラトキャスターの弦間ピッチは10.8mm、USAの弦間ピッチは11.2mmとサイズが微妙に違います。

差はほんの僅かですが、実際に弾いてみるとかなり違います。

10.8mmのフェンダージャパンのストラトキャスターに、USAサイズの11.2mmブリッジを取り付けてみましたのでトレモロユニット交換の手順の解説と、それぞれのピッチのメリットとデメリット、おすすめトレモロユニットを紹介します。

Fender Japan ST62 続きを読む フェンダー ST62 に弦間11.2mmのトレモロ取り付け