エフェクトボードを立てかけて足元スッキリ

LINEで送る
Pocket

Pedaltrain風?自作のエフェクターボード

自宅用にエフェクターボード組んでみました。

エフェクトボードを立てかけて足元スッキリ

エフェクトボードは場所取るし邪魔ですが、立てかけることで足元がスッキリします。


まずは、昔作った自作のすのこボードを綺麗にしてから作業スタート。

自作のすのこ状のエフェクターボード

すのこボードは、Pedaltrain (ペダルトレイン)からインスパイアされて自分で作ったものですが、余計な配線は裏にまわせるので非常に便利です。

余計な配線は裏にまわせるのできれいに仕上げることが可能なPedaltrain風エフェクトボード

エフェクターケースにも収納できます

エフェクターケースに合わせて作ったので、当然収納も可能。

👉Pedaltrain (ペダルトレイン)風?エフェクターボードを自作してみた


パワーサプライ

パワーサプライは今はなきグヤトーンのPowerGang AC106。

Guyatone PowerGang AC106

DCポートは7個ありますが足りないので2又のDCケーブル(MOOER PDC2A)を用意して増やします。

DCケーブル(MOOER PDC2A)

このパワーサプライの最大出力電流は600mAでコンパクトエフェクターなら、消費電力の多いデジタルディレイでも12個までは繋げる計算になります。

BOSSのコンパクトエフェクターを調べてみるとオーバードライブ(SD-1)の消費電流は4mA、ブルースドライバー(BD-2)は13mA、電流の消費が多いとされるデジタル系では、デジタルディレイ(DD-7)では50mA、ハーモニスト(PS-6)は45mAとなっています。

👉おすすめパワーサプライ/パワーサプライの選び方


シールドケーブル

ギター~エフェクターはPRS ( ポールリードスミス )のサイレントケーブル、パッチケーブルは高音質ソルダーレスケーブルの走り GEORGE L’S ( ジョージ・エルス )を使用。

ケーブルはPRSとGEORGE L’Sを使用

👉音質にこだわるあなたにオススメのシールドケーブル


ループセレクター

アンプ~ギター間に余計なものは繋ぎたくないのでループセレクターは必需品。

ループセレクター

これは3ループ+チューナーアウト付きのループセレクター。

ループ1にはコンプ、ループ2には歪みエフェクター、ループ3にはフェイザー、フランジャー、コーラス、ディレイをつなぎ、使うときだけONに。

👉おすすめループセレクター/プログラマブルスイッチャー


完成しました、、、って大したことないですけど😅

エフェクトボードを立てかけて足元スッキリ

白いデカイのはアンプのチャンネルセレクター。

エフェクターはそんなにつなぐ方ではないですが、こんなのでも床にあると邪魔なので、基本はアンプスタンドに立てかけて使用しますが、頻繁に繋ぎ変えて遊ぶ歪みエフェクターは床に、ディレイはタップテンポと、このディレイにはルーパー(録音/オーバーダビング)機能も付いているので床に置きました。

👉TC ELECTRONIC FLASHBACK DELAY & LOOPER レビュー

床置置く用のエフェクトボード(1列)も自作しようかな??


チューナーは最近素晴らしいクリップチューナーを見つけたのでもう取り付けません。ループセレクターのチューナーアウトはアンプセレクターとして使いましょうかね😊

D’ADDARIO NS MICRO CLIP FREE TUNER

早く他のギター用も買わないと😍

ギターのヘッド裏に取り付けるチューナー D’ADDARIO NS MICRO CLIP FREE TUNERレビュー


ということで、エフェクトボードを立てかけることで、お部屋がだいぶ片付きました😊まぁ操作性は多少犠牲になりますけどね😅

おすすめのエフェクターボード


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です