「エフェクター」カテゴリーアーカイブ

おすすめトレモロ / ヴィブラート

Tremolo / Vibrato

トレモロとは、単一の信号をLFO(低周波発振器)により音量を変化させるエフェクター。フェンダーのアンプに搭載されていたものが有名ですが、コンパクトエフェクターサイズのトレモロも多数発売されています。トレモロ / ヴィブラートの使い方とオススメモデルの紹介

YouTube動画動画サイトとリンクしていますので試聴も可能です。

おすすめのトレモロ/ヴィブラート

続きを読む おすすめトレモロ / ヴィブラート

おすすめフランジャー

Flanger ( フランジャー )

フランジャーとは、オープンリールテープの回転を遅らせることで生まれるフランジングという現象を電気的に再現したエフェクター。コーラスと似ていますが、こちらはより金属的なサウンドであり、歪みサウンドに加えると、ジェット機の音のようなサウンドが得られます。 ドラムのシンバルにかけるのも定番です。

フランジャーの使い方とオススメモデルの紹介

YouTube動画動画サイトとリンクしていますので試聴も可能です。

おすすめのフランジャー

続きを読む おすすめフランジャー

おすすめコンプレッサー

Compressor ( コンプレッサー )

コンプレッサーとは、大きな信号を圧縮し、小さな信号を増幅することにで、音の粒をそろえたり、サスティンを増加させることが出来るエフェクター。コンプレッサーの使い方とオススメモデルの紹介

YouTube動画動画サイトとリンクしていますので試聴も可能です。

おすすめのコンプレッサー

続きを読む おすすめコンプレッサー

おすすめブースター

Booster ( ブースター )

ブースターとは、ペダルによりギターの入力レベルをあげることで、アンプの音圧を上げたり、アンプの歪みを増やしたりするギターエフェクターです。

ブースターの使い方とオススメモデルの紹介

YouTube動画動画サイトとリンクしていますので試聴も可能です。

おすすめのブースター

続きを読む おすすめブースター

おすすめファズ

Fuzz ( ファズ )

ファズとは毛羽立たせるという意味で、粗い歪みが特徴のギターエフェクター。古くは、ジミ・ヘンドリックスやビートルズ、ローリング・ストーンズなど60年代のギタリストに愛用されました。ファズの使い方とオススメモデルの紹介

YouTube動画動画サイトとリンクしていますので試聴も可能です。

おすすめのファズ

続きを読む おすすめファズ

おすすめディストーション

Distortion ( ディストーション )

1970年代中盤に登場したディストーション。ディストーションとは、よりも攻撃的で、また無理矢理歪ませたFUZZよりもアンプの歪みに近いロックな音が特徴のギターエフェクター。

ディストーションの使い方とオススメモデルの紹介

YouTube動画動画サイトとリンクしていますので試聴も可能です。

おすすめのディストーション

続きを読む おすすめディストーション