FENDER のエレキギター

FENDER ( フェンダー )

エレキギターの代名詞  FENDER ( フェンダー )とは、カリフォルニア州でラジオの修理を行っていた、レオ・フェンダー氏が1940年代に設立。

1948年にソリッドボディーのエレクトリックギター エスクワイヤー(後のテレキャスター)や、ストラトキャスターなどを発売し、人気を博します。

現在は、FENDER ( フェンダー )ギターの最高峰、カスタムショップ/マスタービルダーから、ジャパンMADEのMade in Japanシリーズまで豊富なラインナップを誇ります。

YouTube動画動画サイトとリンクしていますので試聴も可能です。

続きを読む FENDER のエレキギター

Ernie Ball Musicman のエレキギター

Ernie Ball Musicman ( アーニーボールミュージックマン )

Musicmanとは、フェンダーの創設者レオ・フェンダーが、フェンダー社を自身の健康上の理由でCBSに売却後、1972年に新たに設立したギターメーカー。

ミュージックマンはエリック・クラプトンが使用したことで一躍有名になった、HD-130というギターアンプや、Stingray( スティングレイ )ベースでも有名です。

1984年Musicman は、ギター弦/アクセサリーで有名なErnie Ball( アーニーボール )社に経営移行し、Ernie/Ball Musicman Silhouetteを発表。Silhouetteはキース・リチャーズがツアーで使用し、一躍有名になりました。

YouTube動画動画サイトとリンクしていますので試聴も可能です。

続きを読む Ernie Ball Musicman のエレキギター

テレキャスター おすすめ

初心者から上級者まで、 オススメの テレキャスター ・モデルを紹介

Telecaster ( テレキャスター )オススメ
テレキャスターの特徴
テレキャスターとは、フェンダー社のギターで、ストラトより早い1950年代初頭に発売。シングルコイルPUが2基搭載され、サウンドの特徴はジャキジャキとした歯切れの良い音。

主にカントリー系ギタリストに愛用されていますが、ロックではそのジャキジャキした音から、歯切れの良いコードカッティングに最適で、ビート・バンドや、ボーカリストが伴奏用に使うことが多いギターです。

板を切ってつなぎ合わせただけのような無骨な作りのギターは、丈夫で長持ち、ハードなコンサートツアーにも耐えうるとてもタフなギターでもあります。

続きを読む テレキャスター おすすめ

ストラトキャスター おすすめ

初心者から上級者まで、 オススメの ストラトキャスター モデルの紹介

Stratocaster ( ストラトキャスター )オススメ

ストラトキャスターの特徴
ストラトキャスターとは、フェンダー社から1954年に発売されたギターで、年代により仕様が変わりますが、3つのPUからなる多彩なサウンド・バリエーションで人気のギターです。

続きを読む ストラトキャスター おすすめ

SG おすすめ

初心者から上級者まで、オススメのSGモデルを紹介

SG ( エスジー )の選び方

SGの特徴
SGとは、ギブソン社のギターで、レスポールのモデルチェンジ版として1961年に発売。

当時人気のフェンダー社のストラトキャスターの影響からか、今までのシングル・カッタウェイからダブル・カッタウェイに変更され、ハイポジションでの演奏性がアップ。6弦20フレットや22フレットに小指が届くギターはSGの他にはあまりないでしょう。

ネック/指板材はレスポール同様ですが、ボディーにはメイプルトップ、マホガニーバック(レスポール・スタンダード)から、マホガニーに変更され、中域の良く出るロックなサウンドのするギターです。

続きを読む SG おすすめ

エレキギターのパーツ交換、ギターの改造、カスタマイズ、調整、メンテナンス