本文へスキップ

エレキギターのパーツ交換でパワーアップ。ギターの改造、パーツ交換 価格比較

ホームギタリスト・ギア特集 > Keith Richards ( キース・リチャーズ )の機材を現行モデルで

キース・リチャーズの機材を現行モデルで

オープンGの一躍有名にした、キース・リチャーズの機材を現行モデルで紹介







オープンG

キース・リチャーズの代名詞オープンGチューニングとは?6弦からD-G-D-G-B-Dに合わせるチューニング。 簡単にいうと、レギュラーチューニングから、6、5、1弦を1音落とせば完了します。


キース・リチャーズの場合、6弦は張らないので(5弦オープンG)G-D-G-B-Dのとなり、開放をジャラーンと弾くとGがルートのコードになります。


例えば5FをバレーするとCのコード、さらにキースはsus4というコードもよく使いますので、例えば下記のように押さえますとCsus4になりますので、

キース・リチャーズの十八番 オープンGコード

C、Csus4と順番に押さえると、オープンGチューニングの代表曲「start me up」のイントロ・リフになります。あとは適当にスライドさせるだけで1曲弾けちゃいます。


オープンGの曲というと、他には「Honky Tonk Women」「Brown Sugar」や、「Tumbling Dice(4capo)」なんかもそうですね。Metamorphosis収録の「Jiving Sister Fanny」や「I'm Going Down」などもsusの響きが印象的な曲ですのでおそらくオープンGかと思います。


といっても、もう一人のギタリスト ミック・テイラーやロン・ウッドはレギュラーチューニングだと思いますので、必須というわけでは ないですが、響きがレギュラーチューニングとは違うので一度弾いてみてください。




ギター

FENDER ( フェンダー )

Classic 50s Tele Special

様々なギターを使用するキースですが、70年代から一貫して使用しているのはテレキャスター。フロントPUにハムバッカーを搭載したミカウバー、マルコムと呼ばれる2本のテレキャスターはキースになくてはならないものです。

6wayサドル+フロントPUがハムバッカーのキース・リチャーズ仕様のテレキャスターはフェンダー(旧フェンダージャパン、現Fender Japan Exclusive)から Classic 50s Tele Special というモデル名で発売されています。



価格比較(レビュー / 口コミ有り);
◆ 【サウンドハウス】
Classic 50s Tele Special 【イシバシ楽器】





FENDER ( フェンダー )

Fender 50s Telecaster
Fender 50s Telecaster

American Vintage Telecaster
American Vintage Telecaster

キース・リチャーズらしさを出すなら、ネックはメイプル、アッシュボディーの50年代前半の仕様のテレキャスターが良いですね。

リアルなヴィンテージリイシュー Fender American Vintage Telecasterと、Fender Japan Exclusive 50s Telecasterならピッタリです。


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
Fender 50s Telecaster 【サウンドハウス】
50s Telecaster【イシバシ楽器】


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
American Vintage Telecaster 【サウンドハウス】
American Vintage Telecaster 【イシバシ楽器】

テレキャスターの選び方



FENDER ( フェンダー )

Telecaster Custom
Telecaster Custom

75年のツアーから登場した。ブラックボディー(アッシュ)、メイプルネックのテレキャスター・カスタム。フェンダーUSA/メキシコから発売されています。


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
Telecaster Custom 【サウンドハウス】
FENDER Telecaster Custom 【イシバシ楽器】





GOTOH ( ゴトー )

GTC201
GTC201

キース・リチャーズ所有のテレキャスター ミカウバー、マルコムなどのブリッジは3wayから6wayサドルに交換され、ブリッジ・プレートは角のない平らなものに変更されています。

GotohのGTC201ならバッチリですね。

*4点止めブリッジのテレキャスター用です


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
GTC201【サウンドハウス】
GOTOH GTC201 【イシバシ楽器】





GIBSON ( ギブソン )

Les Paul Junior

キースのレスポール・ジュニアというと、1959年製のダブルカッタウェイが有名(TVイエロー)。1990年以降のツアーでは、シングルカッタウェイのJr.も登場。

マホガニー・ボディーと、P90搭載の歯切れのよいサウンドは、ロックンロールには最適です。


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
Les Paul Junior 【サウンドハウス】
GIBSON Les Paul Junior 【イシバシ楽器】





アンプ

FENDER ( フェンダー )

キースの近年のメインアンプはフェンダー社の57(ツイード)ツインですが現在は生産中止です。

ツイード系フェンダーアンプは、艶やかなサウンドが特徴のブラックフェイスやシルバーフェイスと呼ばれるアンプとは異なり、ジャリジャリとした粗い歪みが特徴です。


現在ツイード系フェンダーアンプには、59ベースマンがありますが、自宅でも使うとなると出力も大きく敷居が高いです。しかし新たに発売された68シリーズは風貌こそシルバーフェイスですが、59Bassmanのトーンを再現したというCustomチャンネルもあるのでオススメです(68 Custom Princeton Reverbを除く)。

*生産中止になったクラプトン・シグネイチャー・アンプに代わり、まもなくチャンプなどのツイード系アンプがフェンダーから復刻されるとアナウンスが有りました、楽しみです。



FENDER アンプ特集

FENDER ( フェンダー ) / '68 Custom Deluxe Reverb

68 Custom Deluxe Reverb (22w)
68 Custom Deluxe Reverb

1968年に登場し、ビートルズも最後の2枚のアルバムで使用した、コントロール・パネルがシルバーの通称シルバーフェイス(銀パネ)アンプが新たに登場しました。

こちらはオリジナルモデルにはない、"Vintage""Custom"というチャンネル(入力)を持ち、Vintageは従来の銀パネサウンド、Customは59Bassmanのトーンを再現。

セレッション製スピーカーを搭載することで、よりロックテイストなアンプに仕上がっています。


Spec;
スピーカー:12インチ×1(Celestion G12V-70)
真空管:4 x 12AX7, 2 X 12AT7、2 x 6V6
重量:44.5 cmx62.2 cmx24.13 cm、19.05 kg


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
68 Custom Deluxe Reverb【サウンドハウス】
68 Custom Deluxe Reverb【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube - Fender 68 Custom Deluxe Reverb (動画)
FENDER アンプ特集


FENDER ( フェンダー ) / '68 Custom Vibrolux Reverb (35w)

68 Custom Vibrolux Reverb
68 Custom Vibrolux Reverb

Vibrolux Reverbは、Twin ReverbとDeluxe Reverbの中間的な立ち位置として1964年に発売。

35W出力、2つの10インチ・スピーカーを搭載するなど、当時に近い仕様を守りつつ、Vintage、Customという2つのチャンネルを搭載。

もちろんリバーブとビブラート(トレモロ)も搭載

Spec;
スピーカー:2x10” Celestion TEN 30
真空管:4 x 12AX7, 2 x 12AT7, 2 x 6L6
重量:46.05cm (H) x 61.93cm (W) x 24.46cm (D) 18.96 Kg


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
68 Custom Vibrolux Reverb【サウンドハウス】
68 Custom Vibrolux Reverb【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube - Fender 68 Custom Vibrolux Reverb (動画)
FENDER アンプ特集



エフェクター

TECH21

Sansamp Blonde
Sansamp Blonde

Fenderの 銀パネ、ブラックフェイス、ツイードサウンドまでをも網羅した贅沢なペダルがサンズアンプから。
自宅でキース・リチャーズ・サウンドを味わいたい方に


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
Sansamp Blonde【サウンドハウス】

Youtube 動画 YouTube - Sansamp Blonde (動画)
TECH21 の 歪み系エフェクター






その他

Rolling Stones gear 写真でたどるストーンズと楽器・機材の物語 1954〜∞



ローリングストーンズ バンドスコア

@tsune1221