本文へスキップ

エレキギターのパーツ交換でパワーアップ。ギターの改造、パーツ交換 価格比較

ホームエレキギター オススメストラトキャスターをとことんいじるST62のサドル交換

ST62のサドル交換 - ストラトをとことんいじる(改造)

中古で手に入れた、フェンダー・ジャパンのストラトキャスター(ST-62)のパーツを交換し、パワーアップ(改造)させてみたいと思います。



改造メニュー一覧


Raw VintageのPure Steel Saddle取り付け

以前から注目していた Raw VintageのPure Steel Saddles (RVS-108)をフェンダージャパンST62に取り付けてみました。


Raw Vintage
Pure Steel Saddles
Pure Steel Saddle


Raw VintageのPure Steel Saddleとは

ヴィンテージに近い素材を使用し、音が良いと評判のサドルです。


Raw VintageのPure Steel Saddle(メーカーサイトより引用)

リイシューサドルの硬度は部位によりバラツキがあり、ヴィンテージの物とは性質が異なります。更にメッキの美しさを優先するために銅を下地に塗る事が多く、音に大きな影響を与えています。

Raw Vintage Pure Steel Saddleは、現在得られる中で最もヴィンテージに近い素材を使用することで硬度のバラツキを解消し、ニッケルメッキを直に施してよりヴィンテージのサドルに近づけました。

もちろん現行品リイシューギター等にリプレイスメント・パーツとしても使用が可能で、ヴィンテージを所有しない方も、より本物に近いその性能を堪能出来ることでしょう。



たかがサドルで音が変わるのか??は少々疑問でしたが、いつかは交換してみたい・・・と思っていました。



実際はどうなのでしょう?早速交換です。

Raw VintageのPure Steel Saddleレビュー1
こちらは純正サドル



Raw VintageのPure Steel Saddleレビュー2
サドルを外したところ

ブロックを止めるビス(3点)が緩んでいました。ここはたまにチェックしたほうが良さそうです。



Raw VintageのPure Steel Saddleレビュー3
純正サドルとの比較


Raw Vintageのサドルの方がやや小さく軽い感じ。レスポールのアルミテールピースじゃないけど、シャリ〜ンという軽い鳴りになるのでしょうか?



Raw VintageのPure Steel Saddleレビュー4
弦高とオクターブ調整をして交換完了!




Raw Vintage Pure Steel Saddle に交換してみて


サウンドの変化は明らかです。弦も同時に換えたので、純粋な比較は出来ませんが、無骨で硬いドンシャリ系サウンドが、柔らかく弦が良く響くようになった印象



良くなった点
・明るく、柔らかな音に
・高域の伸びUP
・弦鳴りがUP
・弦のタッチは若干緩く
・サスティーンUP


悪くなった点
・ローズ指板のモデルらしい低域のダークなトーンが減少
・ブライトな音に




Raw Vintage Pure Steel Saddle は有りか?無しか??


これは完全に好みですが、交換前の無骨で硬い音も好きだし、交換後の柔らかでよく響く音も好きだし・・・・

お手持ちのストラトにきらびやかな音色を加えてみたいという方にはおすすめです




Raw Vintage Pure Steel Saddle のサイズは2種類


Raw VintageのPure Steel Saddleの種類は2つ。RVS-112は幅11.2mmのFender USA用RVS-108は幅10.8mmのFender Japan用(ミディアムスケールを除く)となります。



*Fender USAでも旧アメリカン・スタンダードなどのオクターブ調整用のビス穴が中央では無いものには取り付け出来ません。




価格比較(レビュー / 口コミ有り);
Raw Vintage Pure Steel Saddle
Pure Steel Saddle
Pure Steel Saddles 【サウンドハウス】
Pure Steel Saddles 【イシバシ楽器】


改造メニュー一覧



簡単なエレキギターの調整
チューンナップが終わったらギターの調整をしましょう
工具
ギター関連の工具紹介

サウンドハウス

@tsune1221