本文へスキップ

エレキギターのパーツ交換、ギターの改造、調整、メンテナンス オススメ 比較

ホームMy GearFernandes のストラトキャスター > シングルコイルPUをノイズレスPUに替えてみた

シングルコイルをスタックタイプのPUに替えてみた

ストラトキャスターのシングルコイル・ピックアップをスタックタイプのノイズレス・ピックアップに交換してみました。スタックタイプのPUの音はどんな感じなのでしょうか?





スタックタイプのPUってなに?

ストラトキャスターモデルはいくつか持っていますが、最近あまり弾いてないギターがあります。


それはフェルナンデスのストラトモデル
オーダーしたピックガードを装着
とくに高いギターじゃないのですが、枯れた良い音するんです(^^)。



ただ、我がギターコレクションの並み居る強豪?に打ち勝つには何か特徴がないと・・・



そんな時に、押し入れの片隅から出てきたのこのPU。


KINMAN ( キンマン ) AVn-Blues Set
KINMAN ( キンマン ) AVn-Blues Set
2008年に購入したPUで、以前は別のギターに付けていたのですが、他のピックアップを試してみたくて外してしまって、それっきりになっていました。



KINMAN ( キンマン ) AVn-Blues Set は、見た目は普通のシングルコイルなのだけど、実はコイルを縦に積み上げたハムバッキング構造のPUスタック・タイプとか、積層型とか呼ばれているピックアップです。

KINMAN ( キンマン ) AVn-Blues Set は、スタックタイプのハムバッキング構造のピックアップ
見た目はシングルコイルなのに、中身はハムバッキング構造なのでノイズに強く、しかも音はシングルコイルそのもの??という夢のようなPUです。


といっても昔に付けていただけで、どんな音だったかは全く覚えていません(^^ゞ。


PUの上下に仕切りがありますがこれは通常のシングルコイルPUには無い構造で、おそらく巻き数の少ない写真の下側コイルがハムキャンセル用だと思います。





スタックタイプのPUに交換してみる

スタックタイプのPUというと、イングヴェイ・マルムスティーンが使用していたディマジオのHS-3が有名ですね。フェンダーからもエリック・クラプトン・モデルに搭載されているVintage Noiselessや、ジェフ・ベック・モデルに搭載されている Hot Noiselessが発売されています。



ちなみに今付いているPUは、LINDY FRALIN ( リンディーフレーリン )BLUES SPECIAL

今付いているPUは、LINDY FRALIN ( リンディーフレーリン )BLUES SPECIAL1
今付いているPUは、LINDY FRALIN ( リンディーフレーリン )BLUES SPECIAL2
こちらはスタックタイプではなく、ヴィンテージ系PUにコイルを多めに巻いてブルージーに仕上げたPUです。


なかなか良い音するPUですが、ちょっとお休みしていただきましょう。



KINMANのAVn-Blues Setは、フロントとセンターにはAVn62という60年代前半のPUを再現したものと、リアにはSCnというやや出力の高いPUの組み合わせ。

KINMANのAVn-Blues Set 直流抵抗値1


トーンチャート:
KINMANのAVn-Blues Set トーンチャート



直流抵抗値を計測してみると、フロントが5.92kΩ、ミドルが6.10kΩ、リアが6.92kΩでした。ヴィンテージ系ストラトキャスター・ピックアップとほぼ同じくらいの直流抵抗値ですね。

KINMANのAVn-Blues Set 直流抵抗値2


どんな音がするのかな((o(´∀`)o))ワクワク





ピックアップ交換完了!!
ノイズレスPU交換完了!

ノイズレスPU交換完了!!


LINDY FRALIN ( リンディーフレーリン )BLUES SPECIALとの比較
(リンディーはターン数を増やし音を太くしているPUですが)一応純粋なシングルコイルであるPUのBLUES SPECIALと、今回のKINMAN ( キンマン ) AVn-Blues Setと比較すると、ヴィンテージ系サウンドに近いのは、意外にもKINMAN ( キンマン )



スタックタイプのPUは高域が出にくい?という思い込みがあったのですが、カリンカリンなストラトサウンドも普通に出ていて、これ本当にハムバッカー??という感じ。



LINDY FRALIN ( リンディーフレーリン )BLUES SPECIALと、KINMAN ( キンマン ) AVn-Blues Setをブラインドテストしたらほぼ100%の人がKINMAN ( キンマン )をシングルコイルと答えると思う(°д°;;)スゲー。



これが純粋なストラトキャスター用シングルコイルなら、歪ませるとノイズも増えてしまうんだろうけど、ハムバッキングピックアップですからね、ブーストしてもノイズが少なく用途は広いです(^^)。




その他のストラトキャスターとの比較
次はCREWSのストラトキャスター(左)との比較です。

CREWSのストラトキャスターとの比較

どちらもメイプルネックのストラトキャスターで、PUはフロントにVANZANDT ( ヴァンザント )のJimi's、リアにVANZANDT ( ヴァンザント )のROCKが付いています。


VANZANDT ( ヴァンザント )のROCKと、AVn-Blues Setと比較するとほぼ同じサウンドですが、低音はむしろAVn-Blues Setのほうが出てるかもしれません。




ボリュームを絞っても不自然さはない
この手のPUはボリューム10では良くても、ボリュームを絞ると不自然さが出ちゃうんじゃないか?と少し心配したのですが、ボリュームを絞っても普通のシングルコイルPU同様、しっかりと使えるクリーンな音になってくれます。


ハーフトーンもキラキラした良い音です。デレク・アンド・ザ・ドミノス弾きたくなります(^^)


これは良いぞ。




KINMAN ( キンマン )PU 参考動画
Strat Pickup Swap - Kinman vs Fat 50:

https://www.youtube.com/watch?v=OKOujDSTrNY

通常のシングルコイルPU FAT50 との比較ですが、どう聴いても普通のシングルコイル・サウンドです。特に後半6:31秒からの歪みサウンドの比較では(灰色の服はFAT50なので字幕が間違っていますが)ノイズがないのにほぼ同じ音。



Kinman Blues Set Pickups - 2004 Std. Strat:

https://www.youtube.com/watch?v=45n95ZNyNi4

こちらは比較動画ではないですが、クリーンから歪みサウンドまで様々なパターンの音が聴けます。





ノイズレスPU見直した

スタックタイプのノイズレスPU、久しぶりに付けましたけど、こんなに良かったかな??ちょっと驚きです(^^)。


ノイズがないのにちゃんとシングルコイルの音がするもの(^o^)。ここまで良いのなら他のギターにも搭載してみたいです。




KINMAN ( キンマン )は昔は代理店があったのだけど、今は見かけませんね?日本語サイトはまだ残ってるけど多分もう扱ってないんじゃないかな?

Pacifix-online Kinman


こちらが本家
Zero-Hum Guitar Pickups Kinman Guitar Pickups



Kinman ピックアップ

KINMAN ( キンマン ) のPUは手に入れにくくても、ノイズレスPUは他のメーカーも出しているのチェックです。





気になるストラトキャスター用ノイズレスPU

KINMANの直流抵抗値は、フロントが5.92kΩ、ミドルが6.10kΩ、リアが6.92kΩでしたが、直流抵抗値のみで判断するなら、スタックタイプのノイズレス・ピックアップで近いのはこのへんかな?

音も張っておきます


DiMarzio Area'58 ( DP415 )

DP415

エリア58は、1958年製のストラトPUを再現。フロントとセンターでの使用が最適ですが、リア・ピックアップとしてもご使用いただけます。

*すべてのVirtual Vintageピックアップはフルサイズのハムバッカーよりもノイズの軽減を実現しました。中でもArea'58とArea'61は特にノイズが少ないピックアップです。

直流抵抗 6.15k
マグネット:アルニコ 2


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
DP415 【サウンドハウス】
DP415 【イシバシ楽器】

DIMARZIO DP415の音を聴いてみる♪


DiMarzio Area'61 ( DP416 )

DP416

エリア61は、1961年製のストラトPUを再現。もし、ナッシュビルからテキサスまで一本のギターでプレイするなら、Area'58と組み合わせてリア・ピックアップにセットすると完璧です。

*すべてのVirtual Vintageピックアップはフルサイズのハムバッカーよりもノイズの軽減を実現しました。中でもArea'58とArea'61は特にノイズが少ないピックアップです。

直流抵抗 6.15k
マグネット:アルニコ 2


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
DP416 【サウンドハウス】
DP416 【イシバシ楽器】

DIMARZIO DP416の音を聴いてみる♪


DiMarzio Area'67 ( DP419 )

DP419

エリア67は、1967年のブライトでクリーンなシングル・コイル・ピックアップを再現。

DiMarzioでは、エリア・テクノロジーを採用することで完全にノイズを取り除き、クラシックなブライト感、そしてクリーン・サウンドを実現しました。

直流抵抗 5.86k
マグネット:アルニコ 2


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
DP419 【サウンドハウス】
DP419 【イシバシ楽器】

DIMARZIO DP419の音を聴いてみる♪



ディマジオのエリアシリーズも良いですね。今までスタックタイプのPUには興味なかったのですが、試してみたくなりました。




その他ストラトキャスター用ノイズレスPU
http://guitar-kaizou.net/st_pu_noiseless.html



同じシングルコイル・サイズでも、↑スタック・タイプとシングルコイルサイズのハムバッカー↓とは全く違いますから注意です。

シングルコイルサイズのハムバッカー
http://guitar-kaizou.net/st_pu_twin.html





ストラトキャスター用PU 一覧
メーカー別





ギター改造ネット メニュー