本文へスキップ

エレキギターのパーツ交換でパワーアップ。ギターの改造、パーツ交換 価格比較

ホームエレキギター オススメレスポールをとことんいじる (改造) > サーキット系の改造

サーキット系の改造 レスポールをとことんいじる

手持ちの1988年製レスポール・リイシューをリフィニッシュしたのをきっかけに、ヴィンテージ(オリジナル)らしい風貌にすべく、色々改造してみました


*ヴィンテージ(オリジナル)とは?主に1960年までに製造されたレスポールを指します。
*以下で紹介するのは、1988年製レスポール・リイシューの改造についての紹介記事です。同じギブソン製レスポールであっても時期にによっては合わないものもありますので、パーツ交換は自己責任でお願いします。

改造メニュー一覧
レスポールをとことんいじる (改造)



サーキット系

ポット交換


良いポットの条件は、耐久性と、ギターのボリュームを絞ったときも使える音色をキープ出来ること



安いポットだとボリュームを絞ると音が痩せてしまうのですが、CTS製のポットは太いままクリーンになってくれるので非常に使いやすくオススメです。

交換したレスポールのボリュームポットとコンデンサー
左が交換したCTSポット(Aカーブと)、右がオリジナルのへそ付き(ヴィンテージ・スタイル)のCTSポット(Bカーブ)。

*ポットには径の大きなインチサイズ(ギブソン)、小さなミリサイズ(国産)と種類があり、ギターによってはボディーの加工、ノブ交換(インチサイズ)が必要になる場合があります




ボリューム/トーンポットのカーブについて

私のレスポール・リイシューにはCTS製のBカーブのポットが付いていました。


エレキギターのボリューム・ポットにはAカーブが一般的だと思うのですが、Bカーブと何が違うのか???


専門的なことは分かりませんが、AカーブのポットとBカーブのポットでは、音量の落ち方が異なります。


Aカーブのポットは、聴感上ボリューム10から絞っていくと、徐々に音量が下がって行くのに対し、Bカーブのポットは、10から絞っても音量はほとんど変わらず〜6辺りから急激に音量が下がります。


これは、どちらが良いということではなく、使い方や好みによると思いますが、頻繁にボリュームをコントロールする方は、Aカーブのポットを選んだほうが使いやすいと思います。




オススメのポット
CTS 500k
CTS 500k
CTS 500k
ギブソン製レスポールは、トップに分厚いメイプル材を貼っているため、シャフトの長いポット(ロングシャフト)が搭載されています。


レスポールなどハムバッキングPUには500Kのポットが一般的ですので、同じものに交換しましょう。


*一部のヴィンテージ・レスポールには、300kのポットが使われているものもあるようです。数値が大きいほど高域が出るという特徴があるので、音に不満があれば交換してみるのも良いかもしれません。


オススメのコントロール・ポット、セレクター


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
CTS 500k 【サウンドハウス】
CTS 500KΩ 【イシバシ楽器】




コンデンサーの交換


ほとんどのギターは、トーンを10にしても、キャパシタ(コンデンサ)の影響を受けています。そのため、キャパシタ(コンデンサ)を良い物に交換すると、音に艶が出たり、音が太くなったりします。


最近のモデルには、安価なフィルムやセラミックが使われていることが多いのですが、ヴィンテージのレスポールにはオイル・コンデンサーが使われていました。


例外はありますが、シングル・コイルには0.047uF、ハムには0.022uFを使用するのが一般的です。基本、同じものに交換しましょう(背中に47や22などの表示がある場合があります)。


これは、ローゲインなギタリスト向きのチューンです。


オススメのコンデンサ ( キャパシタ )



こだわりのコンデンサ

LUXE

LUXE caps

見た目とサウンドにこだわるならLUXE caps。ヴィンテージレスポールでおなじみのBumble BeeからCornell-Dubilierのオイルコンデンサー、60〜70年代に使われたセラミック製コンデンサーなどのレプリカをラインナップ。


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
■ 【サウンドハウス】


RS GUITARWORKS

RS GUITARWORKS コンデンサ
RS GUITARWORKS コンデンサ

新進気鋭のギター工房、RSギターワークス製のオイルコンデンサー。


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
RS GUITARWORKS コンデンサ 【サウンドハウス】


EMERSON CUSTOM GUITARS

EMERSON CUSTOM GUITARS コンデンサ
EMERSON CUSTOM GUITARS コンデンサ

配線キットでおなじみのEMERSON CUSTOM GUITARSのコンデンサー


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
EMERSON CUSTOM GUITARS コンデンサ 【サウンドハウス】


MONTREUX

MONTREUX コンデンサ
MONTREUX コンデンサ

こだわり派のあなたにオススメのMONTREUX ( モントルー ) コンデンサー。

1950年代後半のGibsonに装着されていたBumble Beeレプリカや、未使用のデッドストック品をラインナップ。


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
MONTREUX コンデンサ 【サウンドハウス】


VINTAGE CLONE PARTS

VINTAGE CLONE PARTSコンデンサ
VINTAGE CLONE PARTSコンデンサ

こちらはVINTAGE CLONE PARTS ( ヴィンテージクローンパーツ ) のコンデンサー。

見た目にこだわる方にオススメのコンデンサー。


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
VINTAGE CLONE PARTSコンデンサ 【サウンドハウス】




私のレスポールのコンデンサー(キャパシター)はブラック・キャット(0.022uF 600V)に交換済みです。

*作業は既存のものを付け替えるだけなので、ハンダがあれば簡単ですが、細かな作業なので自信のない方は無理をせずショップに依頼しましょう。

交換したレスポールのボリュームポットとコンデンサー
コンデンサーはブラック・キャットに交換済み

レビュー/ 口コミ:
レスポール・リイシューのボリュームポットをAカーブに交換 今週の気になる・・・




ノブ交換


レスポール・リイシューのボリューム/トーン・ノブは、ヴィンテージ同様のトップハットノブ(ベル・ノブ)が付いています。

トップハット・ノブ
トップハット・ノブ
レスポール・リイシューのトップハット・ノブ


対して、レスポール・トラディショナルにはトップハットノブではなく、スピードノブと呼ばれるスクエア型のノブが付いています。

スピード・ノブ
スピード・ノブ

Gibsonホームページより〜Les Paul Traditional
Gibsonホームページより〜Les Paul Traditional


ヴィンテージ(50年代後半のバースト・レスポール)にこだわるならトップハットノブでしょうが、50年代初期〜中期のゴールドトップ・レスポールにも採用されていたスピードノブは非常にコントロールしやすいノブです。


頻繁にボリュームをコントロールするかたは、あえてスピードノブに換えてみるのも良いかもしれません。


*ギブソンなど海外のモデルはインチサイズ、多くの国産モデルはミリサイズのノブが採用されています


トップ・ハットノブ(ベルノブ)を探す;
トップハット・ノブ【サウンドハウス】
ベル ノブ 【イシバシ楽器】

スピードノブを探す;
スピード・ノブ 【サウンドハウス】
スピードノブ 【イシバシ楽器】



ジャックプレートの交換


ヴィンテージのレスポールなど多くのモデルはプラスチック製の削りだしのジャックプレートが付いていますが、割れてしまうなどドラブルが多いので、実用性を考えてここはメタル製を選択しました。

ジャックプレート
ジャックプレート

メタル製のジャックプレートに交換しました

ジャックプレートを探す;
ジャックプレート 【サウンドハウス】
ジャックプレート 【イシバシ楽器】

改造メニュー一覧



サウンドハウス

@tsune1221