本文へスキップ

エレキギターのパーツ交換、ギターの改造、調整、メンテナンス オススメ 比較

ホームMy GearGreco GVA Custom > Greco GVA Custom 詳細

Greco GVA Custom 詳細

Greco ( グレコ ) / GVA Custom (5W)

Greco GVA Customは最強のプラクティス・アンプ?

Greco GVA Customを手に入れました。
Greco GVA Customは最強のプラクティス・アンプ?

コントロールはボリュームと、トレブルとベースの2バンドのみ、出力は5w、8インチ(20cm)スピーカー搭載のシンプルなアンプ。


いわゆるプラクティスアンプという位置づけのアンプになると思うのですが、弾いてみるビックリ。


小音量では艶やかなクリーンが、ボリュームを上げると、ナチュラルなチューブ・サチュレーション+小さな筐体ならではの箱鳴り+小さな8インチスピーカーのコーンの振動による、ある意味安っぽい歪みがたまりません。


GVA Customは、音的にヴィンテージのフェンダー系アンプの、例えばブラックフェイス/シルバーフェイスのチャンプあたりのコピー?だと感じるのですが、このアンプもそんなフェンダー系アンプ同様、トレブル / ベースを0で音的にフラットで、非常にいなたいナチュラルな音、トレブル / ベースを最大で、ツインリバーブとかデラックスリバーブのようなツヤツヤ、キラキラしたサウンドが出て、非常に心地良い音がします(これにリバーブが付いてれば完璧)。

*ヴィンテージのフェンダー系アンプの基本はトレブル / ベースの2バンドの場合は0がフラット、3バンドの場合、トレブル0、ミドル10、ベース0がフラットなのだそうです。



ヴィンテージ・フェンダー系アンプ同様のトーン回路?
トーン0でフラット?
トーンMAXでキラキラ、ツヤツヤのデラリバ風サウンド

所有している他のアンプと比較してみても、例えば、FenderのCHAMP IIと比べても、ピッキングの食いつきというか、粘りというか、音の柔らかさは、GVA Customに軍配!


とても実売価格2万ちょっとのアンプとは思えません。欲を言えばリバーブが付いてたらなぁとか色々あるのですけど、これがシンプルなシングルエンド(クラスA/A級)アンプの実力なのですかね。


たたし、パワー管1本のシングルエンド方式なのでブーンというハムノイズは若干ありますね。




自宅では歪まないけど、歪みエフェクターとの相性も抜群でライブも余裕

自宅ではエフェクターを併用
1ボリュームの、マスターボリュームがないアンプなので、小さな音量では全く歪まないアンプなのですが、エフェクターとの相性もよくて、Ibanezのチューブスクリーマーや、BossのSD-1などのオーバードライブを繋げばそんじょそこらのアンプには負けないくらいの歪みサウンドを奏でてくれます。



5wだけどライブでも使える音量
チューブアンプは非常に大きな音が出ます。スピーカーの能力にもよりますが、一般的におよそ倍の出力と考えて良いでしょう。


GVA Customも出力5wとはいえ、小規模ライブならこのアンプでも余裕で使えます。

*ただしチューブアンプの特性として、音量を上げるとナチュラルにオーバードライブしてしまうため、クリーンで大きな音を出したい人は出力の大きなチューブアンプを選びましょう。このアンプは(ギターによりますが)、ボリューム10時以降あたりから徐々に歪み始めます。



スピーカアウトは使える
GVA Customはシンプルで良いアンプですが、とはいえスピーカーが8インチ(20cm)と小さいので、低域の不足は否めません。しかしこのGVA Customには8Ωのスピーカーアウトが付いているので、別の10インチや12インチのキャビネットに繋ぐことも可能です。

GVA Customの8Ωのスピーカーアウト

10インチや12インチのキャビネットだけでなく、例えばマーシャル1960等の12インチx4のキャビネットに繋ぐことも可能で、繋いでみると、GVA Customが持っている艶やかさと、12インチならではの音圧がこれまた気持ちいい!!


マーシャル1960などギターキャビネット 一覧
ギターキャビネット 一覧





GVA Custom 内部写真

GVA Customの内部がこちら。

GVA Customの内部

作りは非常にシンプルですね。頑張れば私でも作れそう(^^)。


GVA Customのスピーカーと真空管
プリ管は12AX7が1本、パワー管は6V6が1本搭載されています。


スピーカーはオリジナルの8インチ。近々フェンダー系スピーカーでおなじみのJensenあたりに交換予定です。




シンプルなGVA Customは真空管のチョイスで大化けする:

プリアンプ用真空管(12AX7)
12AX7
GVA Customのプリ管は12AX7がシンプルに1本だけ使われています。プリ管は親指位の大きさ位の真空管で、入力された信号をパワーアンプに送れるレベルまで増幅する管で、音の基本となる音色を作る管です。プリ管は面倒なバイアス調整等は必要ないので、自由に交換可能です。

GVA Customは、シンプルなので真空管の差が出やすいアンプです。私は歪ますよりも、ツヤツヤのクリーンが好きなのでクリーンのきれいな真空管を載せて楽しんでいます。


12AX7 【サウンドハウス】




パワーアンプ用真空管(6V6)
6V6
GVA Customのパワー管は、フェンダー系小型アンプでおなじみの6V6管が1本使われています。

GVA Customなどパワー管が1本の真空管アンプの利点は、バイアス調整が出来ない(必要ない)ので、パワー管の交換も自由に楽しめます。プリ管ほど音は変わりませんが、楽しいですね。


6V6 【サウンドハウス】



8インチのスピーカー一覧

GVA Customに使われている8インチ(20cm)のスピーカー一覧。私はJENSENあたりに交換しようと思っていますが、EMINENCEやCELESTIONも試してみたいですね。

8インチはさほど高価ではないので、機会があれば色々試してみたいと思います。

*スピーカーには口径以外にインピーダンスと言うものがあります。お手持ちのギターアンプのインピーダンスが8Ωなら、8Ωのスピーカーを選びましょう。GVA Customは8Ωです。



JENSEN ( ジェンセン )
フェンダー系ヴィンテージ・サウンドを狙うならジェンセン。50年代のツイード系サウンドならアルニコマグネットの Pシリーズ、60年代のブラックフェイス系サウンドらセラミック/フェライトマグネットの Cシリーズがオススメ。

*末尾のアルファベット(R=25w、Q=35w、N=50w、K=100w)順に許容入力が大きくなります

P8R
P8R
Spec;
■許容入力:25W
■マグネット:アルニコ
■ユニット重量:1.1kg
1950年代のフェンダー・ヴィンテージ・ツィードアンプに搭載された伝説のアルニコ・スピーカー・シリーズ。


P8R 【サウンドハウス】

C8R
C8R
Spec;
■許容入力:25W
■マグネット:セラミック
■ユニット重量:997g
1960年代に開発された現代では一般的となったセラミック(フェライト)マグネット使用のスピーカー。60sチャンプのリプレイス用にいかがでしょう?


C8R 【サウンドハウス】


EMINENCE ( エミネンス )
フェンダーを始め多くのアンプ・メーカーが採用しているエミネンス。アメリカン・サウンドはパトリオット(青)、ブリティッシュ・サウンド(セレッション系?)はレッドコート(赤)と分類されているので分かりやすいです。
820H
820H
Spec;
■許容入力:20W
■マグネット:セラミック
■ユニット重量:1.41 kg
小型アンプでもファットでウォームなEminenceサウンドが存分に楽しめます。


820H 【サウンドハウス】


CELESTION ( セレッション )
英国を代表するスピーカー。マーシャル・アンプやVOXアンプに搭載され、今も人気ナンバーワンのスピーカ・ブランドです。
Eight15
Eight15
Spec;
■許容入力:15w
■マグネット:セラミック
■ユニット重量:1kg
バランスの良い中高域、迫力ある低域は小口径ながら大型アンプを思わせるサウンド。小型アンプの交換用として最適なモデルです。


Eight15 【サウンドハウス】

Greco GVA Customはもう製造終了してますが、良いアンプですよ。
見つけたら是非一度弾いてみて下さい


GRECO GVA Custom


シングルエンド クラスAアンプ 特集



ギター改造ネット メニュー