本文へスキップ

エレキギターのパーツ交換でパワーアップ。ギターの改造、パーツ交換 価格比較

ホームエレキギター オススメ > チューニングの狂わない簡単なギターの弦の張り方

チューニングの狂わない簡単なギターの弦の張り方

チューニングの狂わないギターの弦の張り方を紹介します。ロック式のペグを買う前に是非一度お試しください


*これは以前発売されていた『Dr.シーゲルのよい子のロックギター』というビデオで紹介されていた方法の一部です。このビデオはすでに廃盤でもう見ることは出来ませんので紹介したいと思います(再発希望!)。



弦の張り方

ギターの弦はペグマストに2〜3周巻きつけてというのが普通ですが、ここで紹介されているのは弦を弦で挟む方法


しかもペグマストには1周も巻かないのでアームを使った時の弦のたわみに対しても非常に強く、チューニングが非常に安定します。


それでは見てみましょう。



ロトマチックペグ編

まずはじめに弦をポストに入れます。
チューニングの狂わないギターの弦の張り方


弦をたわませず、引っ張った状態で折り返します(ここ重要)。
弦をたわませず、引っ張った状態で折り返します

弦の下を通し、クルッと上へ
弦の下を通し、クルッと上へ

そのままペグを回し、数回巻き上げるだけ。
そのままペグを回し、巻き上げるだけ




弦張り完了!

チューニングが合った状態でもペグマストに1周も巻きつけていません。
ペグマストに1周も巻きつけていません

上に跳ね上げた弦を下側の弦で挟み込んでいるのが分かるでしょうか?
上に跳ね上げた弦を下側の弦で挟み込んでいるのが分かるでしょうか?
たったこれだけなのにチューニングは非常に安定し、チューニングはほとんど狂いません。



プレーン弦も同様です。
プレーン弦も同様です
こんな方法で(特にプレーン弦が)抜けてしまわないのだろうか??と思うでしょうが、そのようなことは全くありません。

*はじめのうちは弦を短くカットせず、余裕を持った長さにしておくと安心です。


楽に弦の張替えができて、チューニングも狂わない・・・これはオススメですよ〜。
ビグスビーユーザーにもオススメ。



注意
この方法ですと、弦をポストに巻く回数が少ないため、ストラトキャスターやテレキャスターなど、ネックに角度のないギターの場合やナットの切り込みが緩い場合?ですと、まれに3弦あたりにビビりが出てしまう場合もあります(私のギターは問題ありませんでした)。


その場合は普通通りに巻くのが良いですが、ALLPARTS JAPAN ( オールパーツジャパン )からペグマストの高さが3種類あるステップペグというものも発売されていますのでそれを利用しても良いでしょう(クルーソンタイプのみ?)。

ALLPARTS JAPAN STEP PEG SET
ALLPARTS JAPAN STEP PEG SET
ALLPARTS JAPAN STEP PEG SET 【サウンドハウス】
それ以外では、弦をロックするマグナムロックですが、ハイトアジャスタブルポストというペグマストの高さを調整できるものがあるのでオススメです。


マグナムロックなどのロック式ペグ一覧




クルーソンペグ編

クルーソンペグは弦をポスト内に収納してから弦を巻き上げる方法ですが、

クルーソンペグは弦をポスト内に収納してから弦を巻き上げる方法ですが


ロトマチックと同じ方法で弦を張ることも可能です。
ロトマチックと同じ方法で弦を張ることも可能です

もちろんチューニングは問題ありません。
もちろんチューニングは問題ありません


ロック式のペグを買う前に是非一度お試しください



マグナムロックなどのロック式ペグ一覧





エレキギター 一覧

サウンドハウス

@tsune1221