本文へスキップ

エレキギターのパーツ交換でパワーアップ。ギターの改造、パーツ交換 価格比較

ホームMy Gear > コーネル・ロマニー・プラス とアンプ・パワーアップ・パーツ

コーネル・ロマニー・プラス とアンプ・パワーアップ・パーツ

Cornell-Romany Plus(10W)

Cornell-Romany Plus
クリックで詳細

コントロールは、VOLUME/ EC CUT/ TREBLE/ BASS/ REVERB/ OUTPUT切り替えSW(10w、2W、0.25W)
*現行モデルは4段階(10W、1,5W、0.3W、0.05W)の出力切り替えが可能


クラプトンやキース・リチャーズが自宅やバック・ステージで使用しているという” Romany ”の12インチスピーカー(+リヴァーブ付き)版がこの”Romany Plus”。


いわゆる10wの小型アンプですが、フルチューブ+12インチスピーカー搭載のため、かなり大きな音が出ます(スピーカーを交換してからさらに)。


レビュー/ 口コミ:
Cornell Romany Plusのスピーカー交換 JENSEN ( ジェンセン ) / C12N: 今週のオススメ・・・


このアンプは2ボリューム方式のアンプではないため、歪ませるにはヴォリュームを上げる必要がありますが、3段階(10w、2W、0.25W)のパワーリダクション・スイッチが付いている為、小音量でも歪ませ易くなっています。


回路的にフェンダー・チャンプを元にしているそうですが、12インチ・スピーカー+リバーブ搭載ということで、特に10Wモードでは柔らかなデラックス・リバーブという感じです。


また、EQ(トーン・コントロール)をバイパス出来るSWが付いていて、Onでブラック・フェイス期の歪の少ないキラキラした音、Offでツィード期の(ベースマンのような)ジャリジャリしたサウンドを出すことも出来ます。

Spec
(Romany Plus);
スピーカ::12インチx1(Jensen speaker CH1270)
真空管:2×12AX7(Pre)、1×12AT7、1×6L6(Power)
重量: 16.5kg

Cornell Romany

CORNELL ROMANY 【サウンドハウス】

Youtube 動画 YouTube - Cornell Romany (動画)

>>CORNELL ( コーネル ) 一覧 - チューブアンプの選び方



ギターアンプ・パワーアップ・パーツ

スピーカー

音を変える一番の近道はスピーカー交換、インピーダンス(Ω)、許容入力、口径、小さなアンプの場合奥行きにも注意

CELESTION
CELESTION
英国を代表するスピーカー。マーシャル・アンプやVOXアンプに搭載され、今も人気ナンバーワンのスピーカ・ブランドです。

CELESTION 一覧 【サウンドハウス】
メーカーサイト



EMINENCE
EMINENCE
フェンダーを始め多くのアンプ・メーカーが採用しているエミネンス。
アメリカン・サウンドはパトリオット(青)、ブリティッシュ・サウンドはレッドコート(赤)と分類されているので分かりやすいです。


EMINENCE 一覧 【サウンドハウス】
メーカーサイト



JENSEN
JENSEN
フェンダーのヴィンテージ・サウンドを狙うならジェンセン。

50年代のツイードサウンドならJENSEN P(アルニコ・マグネット)シリーズ、60年代のブラックフェイスならJENSEN C(セラミック/フェライト・マグネット)シリーズがオススメ。

*末尾のアルファベット(R、Q、N、K)順に許容入力が大きくなります

JENSEN 一覧 【サウンドハウス】
メーカーサイト

真空管

チューブアンプを買ったら避けて通れないのが真空管の交換。タマを変えることで音質も変化します。

トゥルーバイパス

GROOVE TUBES;
選別された真空管はとても安定しています。ちょっとお高いですが、私は大抵ここのを使います。

ELECTRO-HARMONIX
定番のエレハモ。

SOVTEK
ロシアを代表するメーカーのソブテック



ステップアップトランス (昇圧トランス)

EHU-600

EHU-600
エレハモのEHU-600は6.0Aまで対応する用途の広いステップアップ・トランス。

消費電流目安
ラックエフェクター 0.10〜0.20Amps
150wチューブアンプ 4.25Amps
150wトランジスタアンプ 2.50Amps


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
EHU-600 【サウンドハウス】



スピーカーケーブル/コネクター

ギターのシールドケーブル同様、スピーカーケーブルを替えて見るのも面白い。BELDEN ( ベルデン )の#9497、通称海ヘビは定番のスピーカーケーブルです。

*スピーカーケーブルとギターのシールドケーブルは似て非なるものなので使ってはいけません。機器の故障や発火の原因になります

BELDEN ( ベルデン ) / #9497

#9497
#9497

ギターアンプ用のリプレイスメント・ケーブルとして定番の#9497。編み込み効果によるタイトなサウンドが特徴で、スピーカー・キャビネットの特性を余すことなく伝えます。


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
#9497 【サウンドハウス】




その他 スピーカーケーブル

価格比較(レビュー / 口コミ有り);
スピーカーケーブル 一覧【サウンドハウス】




フォンコネクタ一覧

フォンコネクター 一覧
フォンコネクター 一覧

半田ゴテとテスターがあれは、自由な長さのケーブルの自作が可能です。定番はSWITCHCRAFT社のものですかね。スピーカーへの接続は半田直接か、ファストン端子


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
フォンコネクター 一覧 【サウンドハウス】






>>ギターアンプ関連パーツ一覧

サウンドハウス

@tsune1221