本文へスキップ

エレキギターのパーツ交換、ギターの改造、調整、メンテナンス オススメ 比較

ホームギタリスト・ギア特集 > Angus Young ( アンガス・ヤング )の機材を現行モデルで

アンガス・ヤング の機材を現行モデルで

ストレートでカッコイイ、AC/DCのリード・ギタリスト、 アンガス・ヤングの機材を現行モデルで紹介



使用楽器一覧


ギター

GIBSON ( ギブソン ) / SG

アンガス・ヤングはといえばSG。身長157 cmの彼からすれば、SGの軽さ、ボディの小ささ、ミディアムスケールでローポジションからハイポジションにかけての弾きやすさは当然の選択だったのかも。

SGは中域の良く出る(というか中域しか出ない?)ギターなので、ドンシャリと言われるマーシャル・アンプとの相性も抜群。

アンガス・ヤング・サウンドを目指すなら、SGモデルはもちろんですが、ボディー材にマホガニーが使われたギターを選びたい所です。


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
Gibson SG 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube - Gibson SG (動画)
SGの選び方




アンプ

MARSHALL ( マーシャル ) / 1959 (100w)

MARSHALL  1959SLP

アンガス・ヤングのメインアンプはマーシャル1959。レコーディングなどではJMP 50やJTM45なども使っていたようです。

ヴィンテージに近い仕様のハンドワイヤーモデル1959HWもラインナップ


最近はマーシャル・サウンドの出るエフェクターも多数発売されているので、それを利用しても良いでしょう。
マーシャル系ペダル一覧


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
MARSHALL 1959SLP【サウンドハウス】
MARSHALL 1959SLP 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube - marshall 1959SLP (動画)
MARSHALL アンプ特集




エフェクター

アンガス・ヤングはエフェクターは使いません。SGとマーシャル・アンプとピッキングであのサウンドを作り出します。あるギタリストがアンガスと同じセッティングで弾き比べしたところ、全く違う音だったそうです。


TECH21 / Sansamp British

Sansamp British

サンズアンプ・ブリティッシュ:
こちらはマーシャル・アンプをシミュレートしたエフェクター。お手持ちのアンプと組み合わせることで手軽にオールド・マーシャルからJCM800などの音を再現します。↓の動画を見てもかなりの完成度。

レビュー/ 口コミ:
かなり良さげなペダルSansAmp British: 今週の気になる・・・


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
Sansamp British【サウンドハウス】
Sansamp British 【イシバシ楽器】

Youtube 動画 YouTube - Sansamp British(動画)
TECH21 の 歪み系エフェクター

マーシャル系ペダル特集




その他

ERNIEBALL ( アーニーボール ) / SUPER SLINKY

ERNIEBALL SUPER SLINKY

マーシャルアンプとSGで、ヘヴィーなサウンドを出すアンガス・ヤングの使用弦は意外にも?細めの.009〜.042のゲージ。

メーカーはERNIEBALL ( アーニーボール ) スーパー・スリンキーが有名です。

ワウンド弦にピュア・ニッケル・メッキの巻線を採用し、豊かで深みのあるヴィンテージ・トーンが特徴のCLASSIC SUPER SLINKY

レビュー/ 口コミ:
エレキギター弦 比較 ( レビュー )


価格比較(レビュー / 口コミ有り);
ERNIEBALL SUPER SLINKY【サウンドハウス】
SUPER SLINKY 【イシバシ楽器】

弦一覧




ACDC バンドスコア


おすすめCD

High Voltage

1976年発売 It's A Long Way To The Top / Rock 'n' Roll Singer / The Jack / Live Wire / T.N.T / Can I Sit Next To You Girl / Little Lover / She's Got Balls / High Voltage /

Dirty Deeds Done Dirt Cheap

1976年発売 収録曲:
Dirty Deeds Done Dirt Cheap / Love At First Feel / Big Balls / Rocker / Problem Child / There's Gonna Be Some Rockin' / Ain't No Fun (Waiting Round To Be A Millionaire) / Ride On / Squealer /

Let There Be Rock

1977年発売 収録曲:
Go Down / Dog Eat Dog / Let There Be Rock / Bad Boy Boogie / Problem Child / Overdose / Hell Ain't a Bad Place to Be / Whole Lotta Rosie /

Powerage

1978年発売 収録曲:
Rock 'n' Roll Damnation / Down Payment Blues / Gimme a Bullet / Riff Raff / Sin City / What's Next to the Moon / Gone Shootin' / Up to My Neck in You / Kicked in the Teeth /

Highway to Hell

1979年発売 収録曲:
Highway to Hell / Girls Got Rhythm / Walk All Over You / Touch Too Much / Beating Around the Bush / Shot Down in Flames / Get It Hot / If You Want Blood (You've Got It) / Love Hungry Man / Night Prowler /

Back in Black

1980年発売 収録曲:
Hells Bells / Shoot to Thrill / What Do You Do for Money Honey / Givin the Dog a Bone / Let Me Put My Love into You / Back in Black / You Shook Me All Night Long / Have a Drink on Me / Shake a Leg / Rock and Roll Ain't Noise Pollution /

ボン・スコットの死去により、ヴォーカルがブライアン・ジョンソンにスイッチ。タイトル曲Back in Blackはギターの試奏の定番。

For Those About to Rock (We Salute You)

1981年発売 収録曲:
For Those About to Rock (We Salute You) / I Put the Finger on You / Let's Get It Up / Inject the Venom / Snowballed / Evil Walks / C.O.D. / Breaking the Rules / Night of the Long Knives / Spellbound /

Flick of the Switch

1983年発売 収録曲:
Rising Power / This House Is on Fire / Flick of the Switch / Nervous Shakedown / Landslide / Guns for Hire / Deep in the Hole / Bedlam in Belgium / Badlands / Brain Shake /

Fly on the Wall

1985年発売 収録曲:
Fly on the Wall / Shake Your Foundations / First Blood / Danger / Sink the Pink / Playing with Girls / Stand Up / Hell or High Water / Back in Business / Send for the Man /

Blow Up Your Video

1988年発売 収録曲:
Heatseeker / That's The Way I Wanna Rock & Roll / Meanstreak / Go Zone / Kissin' Dynamite / Nick Of Time / Some Sin For Nuthin' / Ruff Stuff / Two's Up / This Means War /




ギタリスト・ギア特集


ギター改造ネット メニュー